自身が作成したWEBデザインなどによりオリジナリティを出したい方に向けて

今回はPhotoshopについて説明致します。

 

•Photoshopとはそもそも何か?

•Photoshop出来る事とは

•PhotoshopとIllustratorの違いとは

•Photoshopを学ぶためには

 

上記の4つを軸として、説明します。

Photoshopについて体系的に説明し、この記事を読む事でPhotoshopの概要から、学ぶ方法について覚えて頂けるような記述をしています。

少しでも皆さまのデザイン制作の役に立てればと考えています。

 

Photoshopとは

Photoshopとは、Adobe Systemsが販売している「写真編集を主としている画像編集ソフト」の事です。利用するためには、Photoshopのライセンス契約を行う必要があります。

料金については、学生や法人、契約期間等で違いがあります。

また、Photoshop以外のソフトもセットで使えるプランもありますので、必要とするツールを整理した上で、自身にあったプランを探してみてください。

Photoshopには1ヶ月間無料体験版もあるため、まずは、無料体験版から試しに扱ってみて下さい。

▼Adobe Photoshop CC

http://www.adobe.com/jp/products/photoshop.html

 

Photoshop出来る事とは

元々、Photoshopが出た当初は、ちょっとした写真の加工くらいしか出来ませんでしたが、

現在では、機能が豊富になって来ており、WEB製作には欠かせないツールとなっています。

例えば、写真に写った肌の色を明るくして、綺麗にしたりなどができます。

そして、Photoshopの最大の特徴としては、

「ビットマップ形式でのコンテンツ作成」である事です。

詳細については、次章で説明致します。

 

PhotoshopとIllustratorの違いとは

先ほども多少説明しましたが、Photoshopはビットマップ形式のコンテンツ作成ツールです。

そして、Illustratorはベクター形式のコンテンツ作成ツールです。

それぞれについて説明致します。

 

Photoshop ビットマップ形式

Photoshopが扱うビットマップ形式の画像とは、簡単に言うと「とても小さなドットの集合体で画像を表している」と覚えて下さい。

パソコンなどのディスプレイもとても小さなドットの集合体で表現している為、Photoshopで作成したビットマップ形式の画像ととても相性が良いです。しかし、画像を拡大すると画像がボヤけてしまうのがデメリットとなります

 

Illustrator ベクター形式

Illustratorで扱うベクター形式の画像は、点座標や線を計算式で導き出し、表現する画像を指します。そのため、ビットマップ形式の画像は拡大するとボヤけてしまうのに対し、ベクター形式は拡大しても点座標等を計算し直す為、拡大しても画像がボヤける事はありません。

しかし、ベクター形式は拡大縮小に強いですが、拡大縮小を行う際に毎回計算し直す為、多少重くなってしまうのがデメリットとなります。

———————-

Photoshopでもベクター形式の画像は扱うことができ、Illustratorでもビットマップ形式の画像を扱うことは可能です。それぞれのツールの長所として覚えて下さい。

———————

Photoshop Illustrator 職業

PhotoshopとIllustratorを主に使って業務を行う職業について説明致します。

 

Photoshopを主に使用する職業

•WEBデザイナー

•グラフィックデザイナー

•フォトグラファー

Photoshopはディスプレイ越しに制作物を表現することに適しています。

 

Illustratorを主に使用する職種

•キャラクター等のイラスト制作

•ロゴ制作

Illustratorでは、紙などの印刷物として制作物を表現することにPhotoshopより長けています。

上記で挙げた職業については、あくまでも代表的な一例となります。そのため、業務を進めてくにあたり、両方のソフトを使わなければならない職業もあります。

プログラミング言語を学ぶためには

プログラミングを今後学んでいきたいと考えている方向けに

私がオススメする学習方法について説明させていただきます。

 

まず、プログラミングを学ぶ方法として、大項目として分ける場合

「個人で学ぶ」「スクールで学ぶ」

この2つに分けることができます。

しかし、初めて学習する中で、最も重要なことはモチベーションを維持することです。

そのため、今回はスクールで学習することに特化して説明をさせていただきます。

最後には私がお勧めしているスクールを2つ紹介させていただきますので、是非ご覧ください。

 

スクールでプログラミングを学ぶ

「短期間で効率よく学ぶことが出来る」

スクール側がその人に合わせたカリキュラムとスケジュールを組み

プログラミングのプロが指導をしてくれます。

そのため、分からないこともすぐに聞くことが出来ます。

スキルを身に付けるうってつけの場と言えます。

そして、もう1つのメリットが

「モチベーションの維持ができる」

モチベーションの維持については、スクールの場合だと維持しやすいんですね。

理由としては、同じ目標を持った仲間が周りにいる為、

励まし合い、切磋琢磨する事が出来るんですね。

覚える事が多く挫折しやすいプログラミングの習得に関して、

モチベーションの維持はとても重要であり、初心者の方がぶつかる壁でもあります。

そのため、スクールは初心者の方が継続して学習できる環境があると言えます。

逆にデメリットとしてはっ子の2つが挙げられます。

「お金が掛かる。」

「時間が取られる。」

これも歴としたデメリットですので上記の2つについても考慮した上で、

受講するかを選択してみてください。

 

パソコンさえあればどこでも学ぶ事ができるオンラインプログラミングスクール!

CodeCamp

このスクールではweb系プログラミングからデザイン系、アプリ系など

様々な言語を学ぶ事ができます。幅広い言語を学ぶ事ができ、

現役のエンジニアから学ぶ事が出来るため、

実践的なスキルや講師個人個人のノウハウも学ぶ事が出来ます。

そのため、自身が就職した後でも活かす事ができる実力を身に付ける事が出来るんですね。

無料カウンセリングも行なっていることから、

そのスクールが自分に合っているのかを評価した後に入校する事ができます。

私も無料カウンセリングを実際に受けました。

詳細については以下のリンク先に書いてありますので、ご覧下さい。

詳しくはこちら!

 

就職活動まで、サポート豊富なプログラミングスクール!

WEBCAMP PRO

こちらのプログラミングスクールは渋谷にスクールを構えているため、

渋谷に通う事ができる方向けのスクールとなります。

対面授業を受ける事ができるため、その場で分からないことを質問する事ができ、

すぐに疑問点等を払拭できます。

また、授業以外でも講師の方が在駐しているため、上記同様に疑問点をすぐに払拭出来ます。

実践的なスキルを持っている講師のため、自身が就職後に活かせるスキルも学ぶ事が出来ます。

こちらのスクールも無料カウンセリングを行なっているため、

渋谷に通う事ができる方は、一度無料カウンセリングを受けて、スクールを評価してみて下さい。

詳しくはこちら!

 

 

スクールで学ぶもう一つのメリットとして、Photoshopだけではなく

WEBデザインに必要なスキルである

・HTML/CSSコーディング

・JavaScript

・CMS

などのスキルについても体系的に学ぶことができます。

体系的に業務に活かせられるスキルを学ぶためには、スクールで学ぶことを

お勧めいたします。

 

今回は以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です