最近、TwitterやInstagramでは、

WEBデザイナーになって自由を手に入れた!

海外旅行に行ってる時でも空いた時間で作業がてきる!

などなど、とても魅力的なフレーズが飛び交っています。

私自身通勤時間を無くすことができ、ある程度自身で時間を決めて作業が出来る「WEBデザイナー」はとても魅力的な職業だと考えております。

しかし、WEBデザイナーが増えてきている事と同時にWEBデザイナーに求められるスキルも高度化しています。

少し前までは「WEBデザインとHTML」のコーディングが出来れば問題ありませんでした。

しかし、最近はJavaScript,PHP等のプログラミングスキルやWord pressなどのCMSに関するスキルも求められています。

そこで、今回は先程触れた「JavaScript」のライブラリの一つである「jQueary」について解説致します。

プログラミングについて

 

「全然分からない!」

「これから学ぼうと考えている!」

 

という方でも理解出来るよう、簡単にjQuearyの概要と特徴について説明致します。

jQuearyを使えるWEBデザイナーは必ず重宝されます。WEBデザインについて、ワンランクアップしたいという方も是非参考にして見て下さい。

 

jQuearyとは

先ほども少し触れましたが、jQuearyとはJavaScriptライブラリの一つです。

JavaScriptのライブラリについては、jQueary以外にも幾つかありますが、

jQuearyの登場により、ほかのライブラリを差し置き、急速に使用されるようになりました。

 

その理由としては、jQuearyは短いコードによる表現が可能な為です。

例えば、JavaScriptで10行のコードを記入したとします。この時、jQuearyで同様の表現をする場合はほんの数行の記入で済ませる事も可能となります。

シンプルである事から、初心者の方でも扱いやすく、WEBデザイン業界でも愛されるライブラリとなっています。

—————————————————

ライブラリとは、jQuearyの場合だとJavaScriptプログラミング言語をより扱いやすくしたファイルの事を指します

—————————————————

 

jQueary出来ること

jQuearyでは、CSSやHTMLでは表現できない、ページに「動きを付ける」事が可能となります。

具体的には

•アニメーションをつける

•時間によって色を変更する

•ユーザの動作(クリック等)によって要素の表現を変える

などなどが挙げられます。

WEBページに動きを付ける事で、ユーザに驚きを与えられるようなページ作成が可能となります。

ちなみにCSSでも簡単なアニメーション表現は可能ですが、

CSSはレイアウト作成に特化して作られた言語です。

一方、jQuearyはページに動きを付ける点に特化して作られた言語です。

そのためCSSでは出来ない様々な表現と便利機能が豊富となっています!

 

jQueary読み込み方法

jQuearyを利用する為には、事前にHTML上にjQuearyを記入する必要があります。

方法については2つありますので、それぞれ説明致します。

 

jQueary HPからダウンロード

1つ目は、下記記載のリンクから最新バージョンのjQuearyをダウンロードし、自信のローカルPC上に保存します。

jQuearyダウンロードはこちら↓

http://jquery.com/download/

保存ができましたら、HTML上にjQuearyの保存されている場所(下記のコードにある「格納先」部分に記載)を記入します。そうする事でjQuearyを読み込む事が可能となります。

<script type="text/javascript" src="格納場所/jquery.min.js"></script>

現在(2018/12/10)時点でのjQuearyの最新バージョンとしては「jQueary-3.3.1」となります。

※読み込む場所としては、ページ速度を向上させる為に</body>の直前に書くことが良いとされています。(<head></head>間に書いても問題はありません。)

 

WEB上のソースを読み込む

2つ目は、HTMLのコードにある「格納先」部分にWEBページのアドレスを記入します。1つ目のやり方と比べると非常に簡単にjQuearyを利用する事が可能となります。

<script type="text/javascript" src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>

jQueryを活用することでWEBデザインを効率的に作成することができますが

利用するための環境構築もしっかりと押さえておく必要があります。

是非、覚えていって下さい。

 

プログラミング言語を学ぶためには

プログラミングを今後学んでいきたいと考えている方向けに

私がオススメする学習方法について説明させていただきます。

 

まず、プログラミングを学ぶ方法として、大項目として分ける場合

「個人で学ぶ」「スクールで学ぶ」

この2つに分けることができます。

しかし、初めて学習する中で、最も重要なことはモチベーションを維持することです。

そのため、今回はスクールで学習することに特化して説明をさせていただきます。

最後には私がお勧めしているスクールを2つ紹介させていただきますので、是非ご覧ください。

 

スクールでプログラミングを学ぶ

「短期間で効率よく学ぶことが出来る」

スクール側がその人に合わせたカリキュラムとスケジュールを組み

プログラミングのプロが指導をしてくれます。

そのため、分からないこともすぐに聞くことが出来ます。

スキルを身に付けるうってつけの場と言えます。

そして、もう1つのメリットが

「モチベーションの維持ができる」

モチベーションの維持については、スクールの場合だと維持しやすいんですね。

理由としては、同じ目標を持った仲間が周りにいる為、

励まし合い、切磋琢磨する事が出来るんですね。

覚える事が多く挫折しやすいプログラミングの習得に関して、

モチベーションの維持はとても重要であり、初心者の方がぶつかる壁でもあります。

そのため、スクールは初心者の方が継続して学習できる環境があると言えます。

逆にデメリットとしてはっ子の2つが挙げられます。

「お金が掛かる。」

「時間が取られる。」

これも歴としたデメリットですので上記の2つについても考慮した上で、

受講するかを選択してみてください。

 

パソコンさえあればどこでも学ぶ事ができるオンラインプログラミングスクール!

CodeCamp

このスクールではweb系プログラミングからデザイン系、アプリ系など

様々な言語を学ぶ事ができます。幅広い言語を学ぶ事ができ、

現役のエンジニアから学ぶ事が出来るため、

実践的なスキルや講師個人個人のノウハウも学ぶ事が出来ます。

そのため、自身が就職した後でも活かす事ができる実力を身に付ける事が出来るんですね。

無料カウンセリングも行なっていることから、

そのスクールが自分に合っているのかを評価した後に入校する事ができます。

私も無料カウンセリングを実際に受けました。

詳細については以下のリンク先に書いてありますので、ご覧下さい。

詳しくはこちら!

 

就職活動まで、サポート豊富なプログラミングスクール!

WEBCAMP PRO

こちらのプログラミングスクールは渋谷にスクールを構えているため、

渋谷に通う事ができる方向けのスクールとなります。

対面授業を受ける事ができるため、その場で分からないことを質問する事ができ、

すぐに疑問点等を払拭できます。

また、授業以外でも講師の方が在駐しているため、上記同様に疑問点をすぐに払拭出来ます。

実践的なスキルを持っている講師のため、自身が就職後に活かせるスキルも学ぶ事が出来ます。

こちらのスクールも無料カウンセリングを行なっているため、

渋谷に通う事ができる方は、一度無料カウンセリングを受けて、スクールを評価してみて下さい。

詳しくはこちら!

 

今回は以上となります。

今後、jQuearyの書き方等について、記事を書かせていただきます。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です