最近、ビックデータを活用して、新たな事業やサービスの運用に生かす企業が増えて来ています。

そこで活用されているデータベース言語の1つである「MySQL」

現在、プログラミング言語を勉強している方はこの「My SQL」という言葉はよく耳にするのではないでしょうか?

ただ、MySQLとはそもそも何?どのような事に使えるのか?などなど、

実際よく知らない人が殆どかと思います。

そこで、今回は初心者の方でも理解できるよう専門用語は使わずにMy SQLについて説明します。

色々なプログラミング言語の知識をつけたい!または、データベースの運用に興味がある!今後やってみたい!と思う方は是非読んでください!

My SQLの全体像を理解する事が出来ます。

データベースとはそもそもなに?

データベースの利用方法については、企業によって様々ではありますが、基本的には

「膨大な情報を整理•加工し、参照性に長けた形に直す。」的なことをやっていますね。

ただ、言葉だけだとあまりイメージがつかないと思うので、下記の画像を見ながら説明します。

4つのお客様情報と購入物品情報があります。

年代別に購入しているものを整理して見ましょう。

年代別に購入している物品の傾向が何か見つけましょう。

20代は食べ物、40代は飲み物の購入率が高い事がわかります。

この情報を元に新規商品の開発に取り掛かる。

 

このように、データベースを利用することで情報が整理され、新しい商品の開発等にも活用する事が出来ます。(今回は非常に単純なデータ整理を例にあげさせていただきましたが、実際はこれの何万倍を元にデータ解析を行います。)

 

MySQLとは

 

 

 

MySQLとは「オープンソースのリレーショナルデータベース管理システムのことです。」

この言葉を聞いてもピンと来ないですよね。

まず、オープンソースとは、

「ソースコードを一般に公開し、誰でも自由に扱っても良いソフトウェアを指します」

そのため、MySQLは企業の方や個人的に使う事が可能です。

では、リレーショナルデータベース管理システムとは、

「関連ある各項目のデータ集合体を管理するシステムを指します。」

先ほどもデータベースについて説明しましたが、膨大な量の情報を整理整頓して参照性をあげたデータとして管理するシステムのことを指しており、情報に価値を見出す際に扱われています。

 

MySQL特徴

MySQLはデータベースマネジメントシステム(DBMS)と言われておりますが、MySQL以外にもこの「DBMS」は数多くの種類があります。

では、ほかのDBMSとなにが違うのか、説明致します。

 

ストレージエンジン「Inno DB」

ストレージエンジンとは、 DBMSがデータベースに格納されているデータの読み込み、書き込みに使われるMySQL独自の機能となります。

 

レプリケーション

レプリケーションとはデータベースサーバー(マスター)のデータを複数のデータベースサーバー(スレーブ)に複製することを言います。マスターとスレーブについては、メインとサブのイメージを持って頂ければと思います。

これにより、負荷分散やバックアップなどが可能となります。

 

対応OSについて

Linux、Windows、Mac OS Xなどなど、さまざまなOSに対応しています。MySQLと対応OSについては、MySQLのバージョンによって、少し差分があるので、詳細についてはMySQLのHPをご参照下さい。

 

もし、今後データベースについて学びたい方は是非参考にして見てください。

では、最後に学習方法についてまとめましたの是非参考にして下さい。

 

MySQLを学ぶためには

プログラミングを今後学んでいきたいと考えている方向けに

私がオススメする学習方法について説明させていただきます。

 

まず、プログラミングを学ぶ方法として、大項目として分ける場合

「個人で学ぶ」「スクールで学ぶ」

この2つに分けることができます。

しかし、初めて学習する中で、最も重要なことはモチベーションを維持することです。

そのため、今回はスクールで学習することに特化して説明をさせていただきます。

最後には私がお勧めしているスクールを2つ紹介させていただきますので、是非ご覧ください。

 

スクールでプログラミングを学ぶ

「短期間で効率よく学ぶことが出来る」

スクール側がその人に合わせたカリキュラムとスケジュールを組み

プログラミングのプロが指導をしてくれます。

そのため、分からないこともすぐに聞くことが出来ます。

スキルを身に付けるうってつけの場と言えます。

そして、もう1つのメリットが

「モチベーションの維持ができる」

モチベーションの維持については、スクールの場合だと維持しやすいんですね。

理由としては、同じ目標を持った仲間が周りにいる為、

励まし合い、切磋琢磨する事が出来るんですね。

覚える事が多く挫折しやすいプログラミングの習得に関して、

モチベーションの維持はとても重要であり、初心者の方がぶつかる壁でもあります。

そのため、スクールは初心者の方が継続して学習できる環境があると言えます。

逆にデメリットとしてはっ子の2つが挙げられます。

「お金が掛かる。」

「時間が取られる。」

これも歴としたデメリットですので上記の2つについても考慮した上で、

受講するかを選択してみてください。

 

パソコンさえあればどこでも学ぶ事ができるオンラインプログラミングスクール!

CodeCamp

このスクールではweb系プログラミングからデザイン系、アプリ系など

様々な言語を学ぶ事ができます。幅広い言語を学ぶ事ができ、

現役のエンジニアから学ぶ事が出来るため、

実践的なスキルや講師個人個人のノウハウも学ぶ事が出来ます。

そのため、自身が就職した後でも活かす事ができる実力を身に付ける事が出来るんですね。

無料カウンセリングも行なっていることから、

そのスクールが自分に合っているのかを評価した後に入校する事ができます。

私も無料カウンセリングを実際に受けました。

詳細については以下のリンク先に書いてありますので、ご覧下さい。

詳しくはこちら!

 

就職活動まで、サポート豊富なプログラミングスクール!

WEBCAMP PRO

こちらのプログラミングスクールは渋谷にスクールを構えているため、

渋谷に通う事ができる方向けのスクールとなります。

対面授業を受ける事ができるため、その場で分からないことを質問する事ができ、

すぐに疑問点等を払拭できます。

また、授業以外でも講師の方が在駐しているため、上記同様に疑問点をすぐに払拭出来ます。

実践的なスキルを持っている講師のため、自身が就職後に活かせるスキルも学ぶ事が出来ます。

こちらのスクールも無料カウンセリングを行なっているため、

渋谷に通う事ができる方は、一度無料カウンセリングを受けて、スクールを評価してみて下さい。

詳しくはこちら!

 

今後、企業の今後の方針や新しいサービス開発については

情報が命となります。

そのため、データベースを扱えるエンジニアは企業に重宝されます。

是非学んでみて下さい。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です