WEBサイトの外観を構成しているのは、HTML,CSS,JavaScriptが主流となっていました。

その中でも今回はCSSについて着目して話をさせて頂きます。

近年では、WEBサイトの需要が高まり、より高度で細部のクオリティが求められる事で、

WEBサイトの巨大化が進んでいます。それに伴い、今までのようにCSSコードを書いているとファイルサイズが膨大となり、メンテナンス性が欠けていました。

そこで登場したのが、メタ言語の「Sass」です。他にも種類はありますが、

今回はSassについてのみ記述致します。

WEBサイトの作成をより短い時間で行いたい!

自分自信のスキルをワンアップさせたい方は是非チェックして下さい。

最後に学習方法についても書かせていただいていますので

是非参考にして見て下さい。

 

Sassとは

 

Sass(サース、英: Syntactically Awesome Stylesheets)は、ハンプトン・キャトリンが設計しネイサン・バイゼンバウムが開発したスタイルシート言語である。

後にSassファイルに用いられる単純なスクリプト言語である SassScript 用の拡張が加えられた。

引用:Wikipedia

 

上記はWikipediaに記載されている説明文です。

英語を直訳すると「構文的に最高なスタイルシート」となっています。

では、何が最高なのか、説明致します。

 

SassはCSSと比べて、プログラミングに近い形で扱うことが可能となり、

より論理的かつ効率的な記述が出来ます。

CSSの進化版だと思って頂いて構いません。

では、CSSの進化版である「Sass」の特徴について説明します。

 

Sass CSSよりも記述量を減らせられる

Sassの一番の特徴に「入れ子構造」というものがあります。この「入れ子構造」を活用する事で、記事量を減らすことができ、メンテナンス性も効率化出来ます。

では、この「入れ子構造」について、実際にCSSとSassのコードを比較しながら説明致します。

 

Sass 入れ子構造とは

入れ子構造は、より大規模なWEBサイトを作成する際に最も効果を発揮します。入れ子構造では、CSSではクラス名を何度も記述しなければいけなかった部分の省略が可能となります。

 

CSSではクラス内のタグを指定する際に必ず

.クラス名 タグ{
 color: ;
  margin: ;
  padding: ;
}

といった記述をしなければいけませんでした。

しかし、Sassでは、入れ子構造を活用する事で下記画像のようにクラス名の省略が出来ます。

入れ子構造のもう一つの利点として、メンテナンス性にも触れました。

どういう事かと言いますと、

例えば、下記画像のようにCSSでクラス名を変更すると、3箇所の修正が必要となります。

しかし、Sassの入れ子構造を活用する事で、クラス名の変更をした際の修正は1箇所で済みます。

※CSSはクラス変更をする際に3箇所の修正が必要。

※Sassでクラスの修正をする際は1箇所のみで済みます。

 

CSSとSassの違いは他にもありますが、このようにSassは

WEBのデザインを効率的に表現することができます。

 

では、次にSassの学習方法についてまとめましたので、

WEBデザインについてワンランク上がりたいと思う方は是非見て下さい。

プログラミング言語を学ぶためには

プログラミングを今後学んでいきたいと考えている方向けに

私がオススメする学習方法について説明させていただきます。

 

まず、プログラミングを学ぶ方法として、大項目として分ける場合

「個人で学ぶ」「スクールで学ぶ」

この2つに分けることができます。

しかし、初めて学習する中で、最も重要なことはモチベーションを維持することです。

そのため、今回はスクールで学習することに特化して説明をさせていただきます。

最後には私がお勧めしているスクールを2つ紹介させていただきますので、是非ご覧ください。

 

スクールでプログラミングを学ぶ

「短期間で効率よく学ぶことが出来る」

スクール側がその人に合わせたカリキュラムとスケジュールを組み

プログラミングのプロが指導をしてくれます。

そのため、分からないこともすぐに聞くことが出来ます。

スキルを身に付けるうってつけの場と言えます。

そして、もう1つのメリットが

「モチベーションの維持ができる」

モチベーションの維持については、スクールの場合だと維持しやすいんですね。

理由としては、同じ目標を持った仲間が周りにいる為、

励まし合い、切磋琢磨する事が出来るんですね。

覚える事が多く挫折しやすいプログラミングの習得に関して、

モチベーションの維持はとても重要であり、初心者の方がぶつかる壁でもあります。

そのため、スクールは初心者の方が継続して学習できる環境があると言えます。

逆にデメリットとしてはっ子の2つが挙げられます。

「お金が掛かる。」

「時間が取られる。」

これも歴としたデメリットですので上記の2つについても考慮した上で、

受講するかを選択してみてください。

 

パソコンさえあればどこでも学ぶ事ができるオンラインプログラミングスクール!

CodeCamp

このスクールではweb系プログラミングからデザイン系、アプリ系など

様々な言語を学ぶ事ができます。幅広い言語を学ぶ事ができ、

現役のエンジニアから学ぶ事が出来るため、

実践的なスキルや講師個人個人のノウハウも学ぶ事が出来ます。

そのため、自身が就職した後でも活かす事ができる実力を身に付ける事が出来るんですね。

無料カウンセリングも行なっていることから、

そのスクールが自分に合っているのかを評価した後に入校する事ができます。

私も無料カウンセリングを実際に受けました。

詳細については以下のリンク先に書いてありますので、ご覧下さい。

詳しくはこちら!

 

就職活動まで、サポート豊富なプログラミングスクール!

WEBCAMP PRO

こちらのプログラミングスクールは渋谷にスクールを構えているため、

渋谷に通う事ができる方向けのスクールとなります。

対面授業を受ける事ができるため、その場で分からないことを質問する事ができ、

すぐに疑問点等を払拭できます。

また、授業以外でも講師の方が在駐しているため、上記同様に疑問点をすぐに払拭出来ます。

実践的なスキルを持っている講師のため、自身が就職後に活かせるスキルも学ぶ事が出来ます。

こちらのスクールも無料カウンセリングを行なっているため、

渋谷に通う事ができる方は、一度無料カウンセリングを受けて、スクールを評価してみて下さい。

詳しくはこちら!

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です