WEBデザイナーの将来性はない!!

 

これを聞いて、なんで?と思う方が多いと思います。

最近では、twitterやYouTubeでwebデザイナーの広告をやっている方が増えて来ています。

その広告に映る誰しもが、自由な生活を手にしているように見えます。

実際のところ、webデザイナーなどはパソコン一台あれば、

仕事をすることが可能な為、通信環境さえ整っていれば、世界中のどこででも仕事を行うことが出来ます。

 

上記のことは事実であり、現状では生活していくことも可能です。

しかし、フリーランス案件が今後増えていく中で、

デザインと簡単なコーディングしかできない人

デザインからHTML/CSS,JavaScriptがしっかり書ける人

どちらが今後求められる人材でしょうか?間違いなく、後者ですよね。

企業にとっても費用は限られています。そのため、より効率的に業務を依頼したいと考えます。

では、具体的にWEBデザイナーに求められているスキルとはなんなのか?

下記にまとめましたので、ぜひ参考にして下さい。

 

では、webデザイナーとはそもそもなんなの?と思う方もいらっしゃると思いますので、

初心者の方でも分かるように説明致します。

 

webデザイナー 業務内容

webデザイナーの主な仕事として、クライアントの個人や企業の方から依頼された

webサイトのデザインを作成する事です。

クライアントの方が求めているデザインをヒアリングし、

認識のズレが無いように全体の構成を考えながら、サイトを構築していきます。

では、さらに具体的に業務内容を見ていきましょう。

クライアントとwebサイトのレイアウトを決める

プログラミングでコードを書く前に、

ずはクライアントとレイアウトの認識合わせを行います。

ここでは基本的な構成を考慮し特徴となる部分を抽出し、全体のイメージを決定します。

全体のイメージが出来たら、次はその構成を絵に書いていきます。

 

そこで使うソフトとして

「Photoshop」

「Illustrator」

 

主にこの2つが使われています。

上記の2つはグラフィックソフトと言われており、webサイトの配色やロゴ、アイコンなどを作成することが出来ます。

グラフィックソフトで実際の構成イメージをお絵描きし、クライアントとのイメージを合わせていきます。

見出しにも書きましたが、ここまでの作業はクライアントの方とやり取りをしながら行います

 

サイトのコーディングを行う

クライアントとのやり取りが終わると、実際にプログラミングを行なっていきます。

先に言いますが、ここで必要となるプログラミング言語は

•HTML

•CSS

•JavaScript(必要ない場合もあり)

 

HTMLでは、webサイトの文字や画像などの構成を決めます。

CSSはHTMLで決めた構成にお化粧をしていきます。

具体的には文字のフォント、色合い配置などを指定し、より見栄えの良いサイトにしていきます。

JavaScriptはHTML/CSSで表示された項目等に動きを付けていきます。

例えば、twitterで「いいね!」ボタンにカーソルを置くと、

カーソル上部に「いいね!」が表示されるのもJavaScriptで表現することが出来ます

※コーディングとはプログラミングを書くことを言います。

 

webデザイナーになる為の必要スキル6選

webデザイナーになる為に必要スキルについて整理してみました

しかし、初心者の方にとっていきなり7つとも習得する事は不可能に近いです。

その為、優先順位が高いものから説明致します。焦らず、1つ1つを習得することが大切です。

 

HTML

先ほどもHTMLの説明を致しましたが、

HTMLとはwebページの構造を作成することができるプログラミング言語です。

主に文章や画像を表示します。習得難易度としてもそれほど高くはありません。

1ヶ月しっかり勉強する事で、ある程度書くことは出来るようになるかと思います。

HTML詳細はこちら

CSS

CSSについても先ほど軽く触れましたが、

HTMLで指定したwebページの構造にお化粧をしていきます。

HTMLで表示させた文字の大きさや色、フォントなどを指定します。ま

た、画像や文字の配置なども指定し、見栄えを良くします。

CSS詳細はこちら

 

Photoshop/Illustrator

上記2つともAdobeシステムズが作成しているグラフィックソフトです。

グラフィックソフトの主な活用方法としては、依頼元が要望するwebページのレイアウトを作成する前の認識合わせの材料として利用します。

1.グラフィックソフトでwebページのイメージ図を作成

2.依頼元との認識が合う

3.実際にプログラミングを書いて、webページの作成を行う

といった流れに活用します。

 

JavaScript

JavaScriptは、HTMLとCSSで指定したwebページに動きを足すプログラミング言語です。

正直、JavaScriptについては、習得出来なくてもwebデザイナーになる事は出来ます。

しかし、JavaScriptを活用できるwebデザイナーがあまりいない為、

これから目指す方は是非習得を目指して下さい。会社にとって重宝される存在となります。

JavaScript詳細はこちら

ライタースキル

基本的にwebページを作成する際、webページのデザインはプログラマー、

文章などの記載内容についてはプロのwebライターに委託することが殆どです。

そのため、文章力もあり、プログラミングも出来る方は、会社にとって重宝される存在となります。

しかし、このライタースキルですが、検索エンジンに評価される為の文章を書く必要がある為、SEO対策スキルも必要となります。

SEOとは、「検索エンジン最適化」と呼ばれる技術であり、

例えばGoogleなどでキーワードを検索した際、一番上に表示されるwebサイトがあるかと思います。

このwebページが表示される順番は、決してランダムではなく、SEOによって評価されたサイトが上から順に表示されます。

このSEOを意識した文章を書くことができれば、より企業にとって有益な人材として受け入れられます。

 

営業スキル

最後の項目については、フリーランス案件を主として活動を考えている方向けのスキルとなります。

フリーランスは自ら仕事を手に入れなければなりません。

そのため、依頼元との信頼関係を構築するだけではなく、

自身の有益性やスキルについてアピールする必要があります。

フリーランスを始めたての人にとっては信頼もない為、人との繋がりが必要となります。

そのため、コワーキングスペースなどを活用し、人との繋がりを増やすところから始めると良いですね。

 


 

プログラミング言語を学ぶためには

プログラミングを今後学んでいきたいと考えている方向けに

私がオススメする学習方法について説明させていただきます。

 

まず、プログラミングを学ぶ方法として、大項目として分ける場合

「個人で学ぶ」「スクールで学ぶ」

この2つに分けることができます。

しかし、初めて学習する中で、最も重要なことはモチベーションを維持することです。

そのため、今回はスクールで学習することに特化して説明をさせていただきます。

最後には私がお勧めしているスクールを2つ紹介させていただきますので、是非ご覧ください。

 

スクールでプログラミングを学ぶ

「短期間で効率よく学ぶことが出来る」

スクール側がその人に合わせたカリキュラムとスケジュールを組み

プログラミングのプロが指導をしてくれます。

そのため、分からないこともすぐに聞くことが出来ます。

スキルを身に付けるうってつけの場と言えます。

そして、もう1つのメリットが

「モチベーションの維持ができる」

モチベーションの維持については、スクールの場合だと維持しやすいんですね。

理由としては、同じ目標を持った仲間が周りにいる為、

励まし合い、切磋琢磨する事が出来るんですね。

覚える事が多く挫折しやすいプログラミングの習得に関して、

モチベーションの維持はとても重要であり、初心者の方がぶつかる壁でもあります。

そのため、スクールは初心者の方が継続して学習できる環境があると言えます。

逆にデメリットとしてはっ子の2つが挙げられます。

「お金が掛かる。」

「時間が取られる。」

これも歴としたデメリットですので上記の2つについても考慮した上で、

受講するかを選択してみてください。

 

パソコンさえあればどこでも学ぶ事ができるオンラインプログラミングスクール!

CodeCamp

このスクールではweb系プログラミングからデザイン系、アプリ系など

様々な言語を学ぶ事ができます。幅広い言語を学ぶ事ができ、

現役のエンジニアから学ぶ事が出来るため、

実践的なスキルや講師個人個人のノウハウも学ぶ事が出来ます。

そのため、自身が就職した後でも活かす事ができる実力を身に付ける事が出来るんですね。

無料カウンセリングも行なっていることから、

そのスクールが自分に合っているのかを評価した後に入校する事ができます。

私も無料カウンセリングを実際に受けました。

詳細については以下のリンク先に書いてありますので、ご覧下さい。

詳しくはこちら!

 

就職活動まで、サポート豊富なプログラミングスクール!

WEBCAMP PRO

こちらのプログラミングスクールは渋谷にスクールを構えているため、

渋谷に通う事ができる方向けのスクールとなります。

対面授業を受ける事ができるため、その場で分からないことを質問する事ができ、

すぐに疑問点等を払拭できます。

また、授業以外でも講師の方が在駐しているため、上記同様に疑問点をすぐに払拭出来ます。

実践的なスキルを持っている講師のため、自身が就職後に活かせるスキルも学ぶ事が出来ます。

こちらのスクールも無料カウンセリングを行なっているため、

渋谷に通う事ができる方は、一度無料カウンセリングを受けて、スクールを評価してみて下さい。

詳しくはこちら!

 

 

補足となりますが、フリーランスはスキルからくる信頼が最も重要です。

そのため、自身を売り出すスキルが多ければ多いほど、

こなせる案件の幅も広がるため、収入も増加されることができます。

そのため、HTML,CSS,グラフィックソフトだけではなく、

JavaScript,ライタースキル,営業スキルの習得も目指して見てはいかがでしょうか。

 

今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとございました。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です