最近では、テレビなどでもよく目にするワードになってきた「機械学習」

プログラミングを学んだことがない方でも、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか??

正直なところ、機械学習を理解する為には専門的な知識が必要になる為、なかなか理解出来ませんよね。

そこで、今回は機械学習とは?どういったことができるのか?などなど、初心者の方でも理解出来るように専門的な言葉はなるべく使わずに説明致します。

みなさんが機械学習を理解して、興味を持って頂けるように記載しています。

また、最後にはプログラミング言語をこれから学ぼうとしている方に向けて、私がオススメするプログラミング言語の学び方について記載しています。

最後まで読んで頂けると幸いです。

 

機械学習とは

まずまず、機械学習とは何か?

 

ウィキペディアによると

機械学習(きかいがくしゅう、英: machine learning)とは、人工知能における研究課題の一つで、人間が自然に行っている学習能力と同様の機能をコンピュータで実現しようとする技術・手法のことである。

引用: Wikipedia

分かりそうで分かりませんよね…

言い換えると「人間が自然に行なっている思考回路を機械でも出来るようにしよう!」といった意味でもあります。

人間は物事を判断する際、判断材料として今までに学習した事を元に決断を下します。

例えば、私たちは携帯を見たら携帯と、テレビを見たらテレビと見分ける事ができます。

どちらにも画面があるといった共通点がありますが、姿や形、

大きさ等の特徴(パターン)を事前に学習していることから、判断することができています。

これと同様に機械へ事前にデータを入力値として、学習させます。

この入力値は「機械学習アルゴリズム」といった処理をするのですが、

これは学習したデータを認識し、分類することでパターンを見つけ出す。

とまずは覚えて頂ければと思います。

 

しかし、私たちの脳が当たり前に行なっている処理を機械で行おうとすると、

とても難しいです。何故かというと機械は情報を処理する際、

数字でしか処理をすることが出来ません。

 

そのため、「携帯は◯◯cm~◯◯cmの大きさで、重さは◯◯kg~…」といったデータを

事前に学習させる必要があります。

しかし、携帯やテレビといっても大きさや重さ等、それぞれの特徴は様々です。

そこで、莫大な量のデータを分析、解析することでパターンを識別する技術が必要になります。

もう少し、機械学習について細かく説明致します。

 

機械学習 アルゴリズムについて

機械学習には大きく分けて3つのアルゴリズムがあります。

 

教師あり学習

教師なし学習

強化学習

 

それぞれ説明致します。

 

 教師あり学習

「教師あり学習」とは、あらかじめ学習させておいたデータと特徴を関連付けしておきます。

そして、新しく学習させたデータを分類するというものです。

新しいデータ(問題)特徴(答え)を事前に学習させるという部分が、

まさに「教師」の役割を果たしていると言うことから「教師あり学習」と呼ばれています。

基本的にこの「教師あり学習」は分類や予測をする時に使われます。

人間(教師)が膨大なデータをプログラムに学習させる事で、過去のデータの特徴、

及び基準を学習します。そして、新しいデータに適用する事で判別を行います。

 

教師なし学習

「教師なし学習」は先程説明した「教師あり学習」とは反対に人間(教師)から

正解となるデータは与えられません。

そのため、新しく与えられたデータの構造や規則性等を探り、正解(特徴)を導き出すものです。

事前にデータを与えなくても新しいデータを元に学習することが出来るんですね。

そのため、この「教師なし学習」は正解と不正解が存在しないのが特徴です。

今までに起こらなかった事が起こりやすいか?それとも起こりにくい?といった判別を行うことが出来ます。

 

強化学習

「強化学習」とは「教師あり」のように明確な正解は与えず、現在の状況を元に

各行動の評価を行い、正解を導くというものです。

「強化学習」では、新たに報酬という概念が追加されています。この報酬とは、行動を繰り返し行い、どの行動が最も報酬が得られるかを学びます。

新たに行動する時に複数の選択肢があり、正解等を事前に決めれない時に用いられ、

事前に行動を繰り返し行い、報酬が多く得られた行動を高いスコアにし、報酬が少ない行動を低いスコアを設定します。

そして、各状況に応じてどの行動が最も効率的に多くの報酬を得られるかを判断します。

具体的に利用されているものとして、囲碁や将棋などがあります。

 

プログラミング言語を学ぶためには

プログラミングを学ぶ方法として、大項目として分ける場合

「個人で学ぶ」「スクールで学ぶ」

この2つに分けることができます。

しかし、初めて学習する中で、最も重要なことはモチベーションを維持することです。

そのため、今回はスクールで学習することに特化して説明をさせていただきます。

最後には私がお勧めしているスクールを2つ紹介させていただきますので、是非ご覧ください。

 

スクールでプログラミングを学ぶ

「短期間で効率よく学ぶことが出来る」

スクール側がその人に合わせたカリキュラムとスケジュールを組み

プログラミングのプロが指導をしてくれます。

そのため、分からないこともすぐに聞くことが出来ます。

スキルを身に付けるうってつけの場と言えます。

そして、もう1つのメリットが

「モチベーションの維持ができる」

モチベーションの維持については、スクールの場合だと維持しやすいんですね。

理由としては、同じ目標を持った仲間が周りにいる為、

励まし合い、切磋琢磨する事が出来るんですね。

覚える事が多く挫折しやすいプログラミングの習得に関して、

モチベーションの維持はとても重要であり、初心者の方がぶつかる壁でもあります。

そのため、スクールは初心者の方が継続して学習できる環境があると言えます。

逆にデメリットとしてはっ子の2つが挙げられます。

「お金が掛かる。」

「時間が取られる。」

これも歴としたデメリットですので上記の2つについても考慮した上で、

受講するかを選択してみてください。

 

パソコンさえあればどこでも学ぶ事ができるオンラインプログラミングスクール!

CodeCamp

このスクールではweb系プログラミングからデザイン系、アプリ系など

様々な言語を学ぶ事ができます。幅広い言語を学ぶ事ができ、

現役のエンジニアから学ぶ事が出来るため、

実践的なスキルや講師個人個人のノウハウも学ぶ事が出来ます。

そのため、自身が就職した後でも活かす事ができる実力を身に付ける事が出来るんですね。

無料カウンセリングも行なっていることから、

そのスクールが自分に合っているのかを評価した後に入校する事ができます。

私も無料カウンセリングを実際に受けました。

詳細については以下のリンク先に書いてありますので、ご覧下さい。

詳しくはこちら!

 

就職活動まで、サポート豊富なプログラミングスクール!

WEBCAMP PRO

こちらのプログラミングスクールは渋谷にスクールを構えているため、

渋谷に通う事ができる方向けのスクールとなります。

対面授業を受ける事ができるため、その場で分からないことを質問する事ができ、

すぐに疑問点等を払拭できます。

また、授業以外でも講師の方が在駐しているため、上記同様に疑問点をすぐに払拭出来ます。

実践的なスキルを持っている講師のため、自身が就職後に活かせるスキルも学ぶ事が出来ます。

こちらのスクールも無料カウンセリングを行なっているため、

渋谷に通う事ができる方は、一度無料カウンセリングを受けて、スクールを評価してみて下さい。

詳しくはこちら!

 

最後に

今回は機械学習について説明させて頂きました。

機械学習にはまだまだ可能性があり期待されている技術です。

最近では、コンピュータがプロ囲碁棋士に勝ったとのニュースもありました。

もう数年経ったら、より私達の身近な存在になっている可能性もありますね。

今後の技術の発展の為にも是非学んでみてはいかがでしょうか?

 

そして、何度も言いますが、プログラミング言語の習得は

「モチベーションの維持」が鍵となっております。

そして、その「モチベーションの維持」を実現することが出来るのがプログラミングスクールです。

同じ目標を持った仲間がおり、分からないことは講師にすぐ聞くことが出来ます。

私もそういった環境で育ちました。

プログラミングスクールを検討している方は是非、無料カウンセリングを受けて下さい。

無料カウンセリングを受けることで、入る前と入った後のギャップを小さくすることが出来ます。

 

今回は以上です。

最後まで見ていただきありがとうございました。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です