現在の日本は、9割以上の方がスマホを利用しており、スマホを利用している方の殆どが

アプリケーションを利用しています。

 

アプリケーションも様々なものがあり、今でも多くの需要があります。

そのため、「私もアプリケーション開発をしてみたい!」

と思う方も多いのではないでしょうか?

 

今回は、アプリケーション開発とはそもそも何なのか?開発に必要なスキルや年収など、

プログラミング言語を学んだことが無い方でも理解できる内容にしています。

そして、プログラミング言語のおススメ学習方法についても記載していますので、

最後まで読んで頂けると幸いです。

 

1.アプリケーション開発とは

そもそもアプリケーション開発とは何なのか?

それについて話す前にit業界の職業の住み分けについて少しだけ話します。

まず、it業界のエンジニアはネットワーク関係専門で業務を行っている

ネットワークエンジニア(インフラエンジニア)

情報セキュリティ関係専門で業務を行なっている

セキュリティエンジニアなどがいます。

このようにエンジニアは各分野に分かれ、特定の分野のスペシャリストとして細分化されています。

 

アプリケーションエンジニアも同様に扱われています。

そして、このアプリケーションエンジニアは要件定義やシステム設計から

プログラミングの開発、システムの動作テストなどのシステム開発の一連の作業を行います。

 

2.アプリケーション開発 必要スキル

アプリケーション開発にこれから携わりたいと考えている方はどのようなスキルが必要なのか?説明致します。

 

2.1 システム開発の一連の流れを学ぶ

先ほども言いましたが、アプリケーションエンジニアは、

要件定義~システム開発の一覧の作業を行う可能性があります。

その為、新卒の方をアプリケーションエンジニアとして採用する場合でも、

まずはシステムエンジニアの経験をさせてから適性を見て、アプリケーションエンジニアに就かせる事が多いです。

そのため、システムエンジニアを経験し、システム開発の入り連の流れを学ぶことが、

アプリケーションエンジニアへの近道となります。

 

2.2 専門的なスキルとビジネススキル

アプリケーションエンジニアになるためには、データベースネットワーク

プログラミング言語などに関する新しい情報を常に収集しなければなりません。

しかし、それだけではなく、開発は複数人で行う事が多いため、

コミュニケーション能力マネジメント能力も必要となります。

 

3.アプリケーション開発 年収

アプリケーションエンジニアの年収について、

ITスキル研究フォーラム(iSRF)が2016年に発表した

「IT技術者向けスキル診断 2016年度調査レポート」によると

アプリケーションエンジニア(調査レポートでは「アプリケーションスペシャリスト」と記載されています)の平均年収は451万円となっています。

前年の2015年度の平均年収は475万円となっているので、少し下がっている事が分かります。2014年度の平均年収が433万円であることから、

アプリケーションエンジニアの需要は少しずつ安定してきている事が分かります。

もちろん、個人差がありますので、参考程度に見て頂ければと思います。

 

4.プログラミング言語を学ぶためには

プログラミングを学ぶ方法として、大項目として分ける場合

「個人で学ぶ」「スクールで学ぶ」

この2つに分けることができます。

しかし、初めて学習する中で、最も重要なことはモチベーションを維持することです。

そのため、今回はスクールで学習することに特化して説明をさせていただきます。

最後には私がお勧めしているスクールを2つ紹介させていただきますので、是非ご覧ください。

 

4.1 スクールでプログラミングを学ぶ

「短期間で効率よく学ぶことが出来る」

スクール側がその人に合わせたカリキュラムとスケジュールを組み

プログラミングのプロが指導をしてくれます。

そのため、分からないこともすぐに聞くことが出来ます。

スキルを身に付けるうってつけの場と言えます。

そして、もう1つのメリットが

「モチベーションの維持ができる」

モチベーションの維持については、スクールの場合だと維持しやすいんですね。

理由としては、同じ目標を持った仲間が周りにいる為、

励まし合い、切磋琢磨する事が出来るんですね。

覚える事が多く挫折しやすいプログラミングの習得に関して、

モチベーションの維持はとても重要であり、初心者の方がぶつかる壁でもあります。

そのため、スクールは初心者の方が継続して学習できる環境があると言えます。

逆にデメリットとしてはっ子の2つが挙げられます。

「お金が掛かる。」

「時間が取られる。」

これも歴としたデメリットですので上記の2つについても考慮した上で、

受講するかを選択してみてください。

 

5. パソコンさえあればどこでも学ぶ事ができるオンラインプログラミングスクール!

CodeCamp

このスクールではweb系プログラミングからデザイン系、アプリ系など

様々な言語を学ぶ事ができます。幅広い言語を学ぶ事ができ、

現役のエンジニアから学ぶ事が出来るため、

実践的なスキルや講師個人個人のノウハウも学ぶ事が出来ます。

そのため、自身が就職した後でも活かす事ができる実力を身に付ける事が出来るんですね。

無料カウンセリングも行なっていることから、

そのスクールが自分に合っているのかを評価した後に入校する事ができます。

私も無料カウンセリングを実際に受けました。

詳細については以下のリンク先に書いてありますので、ご覧下さい。

詳しくはこちら!

 

6. 就職活動まで、サポート豊富なプログラミングスクール!

WEBCAMP PRO

こちらのプログラミングスクールは渋谷にスクールを構えているため、

渋谷に通う事ができる方向けのスクールとなります。

対面授業を受ける事ができるため、その場で分からないことを質問する事ができ、

すぐに疑問点等を払拭できます。

また、授業以外でも講師の方が在駐しているため、上記同様に疑問点をすぐに払拭出来ます。

実践的なスキルを持っている講師のため、自身が就職後に活かせるスキルも学ぶ事が出来ます。

こちらのスクールも無料カウンセリングを行なっているため、

渋谷に通う事ができる方は、一度無料カウンセリングを受けて、スクールを評価してみて下さい。

詳しくはこちら!

 

最後に

今回はアプリケーション開発について紹介させて頂きました。

アプリケーション開発とはそもそも何か?なるために必要なスキルとは何か?

について、理解して頂ければ幸いです。

そして、何度も言いますが、プログラミング言語の習得は

「モチベーションの維持」が鍵となっております。

そして、その「モチベーションの維持」を実現することが出来るのがプログラミングスクールです。

同じ目標を持った仲間がおり、分からないことは講師にすぐ聞くことが出来ます。私もそういった環境で育ちました。

プログラミングスクールを検討している方は是非、無料カウンセリングを受けて下さい。無料カウンセリングを受けることで、入る前と入った後のギャップを小さくすることが出来ます。

今回は以上となります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です