swiftと言われてもプログラミング言語を学んだ事がない方にとっては、あまり馴染みのない言葉ですよね。しかし、swiftは私たちにとって最も身近なプログラミング言語の1つなんです。

その理由について説明します。

 

1.swiftとは

いきなりですが、皆さんはiPhone派ですか?もしくはAndroid派ですか?

もし、iPhone派の方が見ていたら、その方は間違いなくswiftが活用されたモノを使って生活していると言えます。

なぜかと言うと、swiftはApple社が開発したMAC OS 、iOSを対象としたプログラミング言語です。つまり、iPhoneやMacBookのアプリケーション開発に用いられている言語なんですね。このswiftは2014年に発表された為、とても最近開発されたプログラミング言語と言えます。

もともと、iPhoneなどのアプリケーション開発にはobject-cがが活用されてきました。現在でもobject-cは使えるには使えますが、それに代わって登場したのがswiftです。色々なプログラミングの良い所などが盛り込まれており、簡単にアプリケーション開発が可能となっています。

では、そのswiftの特徴について説明しましょう。

 

2.swift 特徴

もともと、swiftは日本語でアマツバメのことであり、すばやい」「速い」といった意味があります。お気づきかと思いますが、swiftは処理が早いことが1つの特徴です。他にもいろんな特徴がありますので、下記で説明します。

2.1 初心者でも習得しやすい

 

先ほども話しましたが、iPhoneなどはもともとobject-cを活用してアプリケーション開発などが行われていました。しかし、object-cは他のプログラミング言語と少し異なり、複雑な言語と言われています。そのため、初心者の習得が難しかったんですね。

swiftはobject-cと比べて、コードが見やすくシンプルです。また、swiftはモダンプログラミングと言われています。モダンとは現代的という意味でコードが書きやすく、読みやすい言語を指していると思ってくれれば良いです。

他にもobject-c、Python、Rubyなどのプログラミング言語の良い所を取り入れられているため、よりわかりやすく扱いやすい言語にと工夫がされています。

そのため、初心者でも習得しやすいと言えます。

 

2.2 処理の早い動作

先ほども少し説明しましたが、swiftはとても早い処理が行えます。その理由として、swiftは「LLVS」といった高速なコンパイラを利用しています。どれだけ早いかと言いますとobject-cと比べると最大2.6倍、Python2.7と比べると最大8.4倍の処理スピードが可能と発表されています。(Apple公式サイト)

現在では、アプリでもかなりクオリティの高いゲームなどが多くあります。それに伴い情報量も増えてきているため、処理速度が速いというのはとても重要なんですね。

 

3.swift 出来ること

ここまで記事を読んで頂いた方はすでにお気づきかと思いますが、swiftができることはアプリケーション開発となっています。

iOSのアプリケーション開発はXcodeを使って開発します。Xcodeとはソフトウェアを開発するためのAppleの統合開発環境の事です。そして、XcodeはApple iDがあれば誰でもMacパソコンでのダウンロードが可能となっています。

ぜひ、上記で述べた環境がある方は試してみてください。Xcodeの扱い方を説明しているサイト等も豊富なため、学びながら自分の作りたいアプリを作ることができると思います。

※上記で、アプリケーション開発に使われていると言いましたが、最近は別の開発にも導入する傾向にあるそうです。詳細については別途記事を掲載致します。

 

4.swift 年収

プログラミング言語別の平均年収を調査した「スタンバイ」が出した結果を元にswiftの年収について考察していきましょう。

出典:「みんなのスタンバイ」https://jp.stanby.com/media/programming_ranking2017/

上記の画像を見て頂けると分かるようにswiftの年収は「562万円」です。プログラミング言語の中でも高いことがわかりますね。

なぜ2014年から出たプログラミング言語なのにこれだけの需要があるのでしょうか?

それは、日本でのApple製品の需要が高いことが紐付いていますね。日本においてApple製品の需要は世界的に異例な程に高いです。そのため、企業のApple製品のアプリケーション開発が活発になっていると言えるでしょう。そして、それは今後も続く傾向にあります。

また、先ほど少しだけ述べさせて頂きましたが、企業がswiftの用途をアプリケーション開発以外にも導入しようとする活動が見られます。このことから、今後もswiftはアプリケーション開発だけに囚われず、活用される事が分かります。

 

5. オススメ学習方法

今回紹介するプログラミングスクールでは、CodeCampのみの受講が可能となります。WEB CAMP PROでの受講はできませんが、数あるうちの一つのプログラミングスクールとしてご紹介させていただきます。

初めて学習する中で、最も重要なことはモチベーションを維持することです。そのため、今回はスクールで学習することに特化して説明をさせていただきます。最後には私がお勧めしているスクールを2つ紹介させていただきますので、是非ご覧ください。

 

5.1 スクールでプログラミングを学ぶ

「短期間で効率よく学ぶことが出来る」

スクール側がその人に合わせたカリキュラムとスケジュールを組みプログラミングのプロが指導をしてくれます。そのため、分からないこともすぐに聞くことが出来ます。

スキルを身に付けるうってつけの場と言えます。

そして、もう1つのメリットが

「モチベーションの維持ができる」

モチベーションの維持については、スクールの場合だと維持しやすいんですね。理由としては、同じ目標を持った仲間が周りにいる為、励まし合い、切磋琢磨する事が出来るんですね。覚える事が多く挫折しやすいプログラミングの習得に関して、モチベーションの維持はとても重要であり、初心者の方がぶつかる壁でもあります。そのため、スクールは初心者の方が継続して学習できる環境があると言えます。

逆にデメリットとしてはっ子の2つが挙げられます。

「お金が掛かる。」

「時間が取られる。」

これも歴としたデメリットですので上記の2つについても考慮した上で、受講するかを選択してみてください。

 

6. パソコンさえあればどこでも学ぶ事ができるオンラインプログラミングスクール!

CodeCamp

このスクールではweb系プログラミングからデザイン系、アプリ系など様々な言語を学ぶ事ができます。幅広い言語を学ぶ事ができ、現役のエンジニアから学ぶ事が出来るため、実践的なスキルや講師個人個人のノウハウも学ぶ事が出来ます。そのため、自身が就職した後でも活かす事ができる実力を身に付ける事が出来るんですね。無料カウンセリングも行なっていることから、そのスクールが自分に合っているのかを評価した後に入校する事ができます。私も無料カウンセリングを実際に受けました。

詳細については以下のリンク先に書いてありますので、ご覧下さい。

詳しくはこちら!

 

7. 就職活動まで、サポート豊富なプログラミングスクール!

WEBCAMP PRO

こちらのプログラミングスクールは渋谷にスクールを構えているため、渋谷に通う事ができる方向けのスクールとなります。対面授業を受ける事ができるため、その場で分からないことを質問する事ができ、すぐに疑問点等を払拭できます。また、授業以外でも講師の方が在駐しているため、上記同様に疑問点をすぐに払拭出来ます。

実践的なスキルを持っている講師のため、自身が就職後に活かせるスキルも学ぶ事が出来ます。こちらのスクールも無料カウンセリングを行なっているため、渋谷に通う事ができる方は、一度無料カウンセリングを受けて、スクールを評価してみて下さい。

詳しくはこちら!

 

 

8.最後に

最近開発されたにも関わらず、需要が非常に高い「swift」

Xcodeを使ってアプリ開発をするため、非常に簡易的に楽しく開発を行うことができます。

そのため、初めてプログラミングを学ぶ方にもオススメなプログラミング言語であると言えます。また、将来性も高いため安定性もあると言えますね。是非習得して欲しいです。

 

「swift」を学ぶための一歩としてスクールの無料カウンセリングなどを受けて見てください。

現在、プログラミングスクールの数は非常に多くありますが、今回は私がお勧めするプログラミングスクールの2つをご紹介させていただきました。スクールでは無料カウンセリングを受けることができ、多くの無料カウンセリングを受けることによって自身にあったスクールを見つけることができると思います。

是非、多くのスクールに参加してみてください。

今回は以上となります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です