現在では、ITやプログラミングという言葉はテレビで毎日聞くほど定着して来ました。

でも、実際のところ何しているのかイマイチ理解出来ている方は少ないのではないでしょうか。それもそのはず、

プログラミングと言っても複数のプログラミング言語があり、

その言語の特徴によって複数の業種の方々が使い分けているからです。

そこで、今回はit業界への転職を考えている方に向けて、あなたがやりたい事、

それに付随して学ぶべきプログラミング言語の紹介をしていきたいと考えています。

 

では、その複数の言語と業種ってなんなんだ?

下記で説明致します。

 

目次
プログラミング言語と職種
  動的プログラミング
    Java Script
      Java Script 職業とは
    Ruby
      Ruby 職業とは
    Python
      Python 職業とは
    PHP
      PHP 職業とは

実践的なプログラミング言語のスキルを学べるプログラミングスクール!
  パソコンさえあればどこでも学ぶ事ができるオンラインプログラミングスクール!
  就職活動まで、サポート豊富なプログラミングスクール!

最後に

 

プログラミング言語と職種

 

それでは、業種とプログラミング言語を関連付けて説明をさせて頂きます。

まず、プログラミング言語は2つの種類に分類することができます。

 

•動的プログラミング言語

•静的プログラミング言語

 

この2つがあります。

今回は動的プログラミング言語について着目し、説明させて頂きます。

 

 

動的プログラミング言語

 

動的プログラミング言語は、一般的に学びやすいと言われている言語であり、

初心者の方も楽しく学べます!

その理由としては、高水準言語である事が大きいです。

高水準言語とは記述の抽象度が高い言語と覚えてください。

 

話を戻しますが、動的プログラミング言語はコンパイルなどの準備段階に済まされる処理を実行時に行うプログラミング言語処理のことを指しています。

では、その各動的プログラミング言語について下記で説明いたします。

 

JavaScript

 

聞いたことがあるような無いような…そんなイメージをお持ちだと思います。

しかし、JavaScriptはデスクトップPCや携帯電話などなど

ほぼ全てのデバイスに使われている身近なプログラミング言語なんですね。

ユーザ側のwebブラウザサーバ側のwebサイトの情報を

相互に行うやりとりを円滑に行うために利用されています。

では、そのJavaScriptを利用している職業についてご紹介致します。

 

JavaScript 職業とは

(求人情報からの情報を元にしています。)

•フロントエンドエンジニア

→Saas型自社新サービス開発

•webデザイナー

→webサイトのデザイン制作

などがあります。しかし、webデザインと言っても

JavaScriptだけでは作成する事が出来ません。

下記でも説明致しますが、他の言語を組み合わせる事で、

1つの成果物を作成出来ると思って下さい。

 

Ruby

次にRubyについて説明させて頂きます。

プログラミング言語を学んだ事のない人はあまり聞き覚えのない言語名ではないでしょうか。

まずは、特徴について説明致します。

こちらの言語もwebサイトでよく使われている言語であり

「Twitter」 「クックパッド」

など大手企業のサイトやSNSでも使われています。

特にサーバーサイドの言語として使われる事が多いですね。

 

Ruby 職業とは

webアプリケーション開発

→そのままですが、webを介して利用できるアプリケーションのことです。

現在ではRubyエンジニアが不足していることから、

初心者の方でも企業に重宝される事が多いです。

また、javaやcとの共通部分もあるため、学びやすい言語ともいえます。

 

Python

 

近年、注目されているPython。なぜ注目されているのでしょうか。

注目されている理由としては、

 

「少ないコードでプログラミングを書ける」

「ソースコードが読みやすい」

 

というメリットがあります。

文法が必要最低限しか用意されていないため、ソースコードがシンプルであり、

読みやすく書きやすい言語です。

他の人が書いたコードも比較的理解しやすいものとなっています。

 

会社でチームを組み仕事をする中で、他の人が書いたコードを理解できるという事はとても重要となります。

このことから、Pythonは世界でのシェア率も高い言語として注目を得ています。

実際に使われているのはAIの開発からwebの開発まで幅広く使われており、

Pythonあれば何でもできる!とまで言われています。

「人工知能」「深層学習(Deep Leaning)」

は最近テレビでも話されていることから、皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

Pythonは上記2つの項目でも高い評価を得ています。

 

それでは、実際にPythonを学ぶことでどんな仕事ができるのか?下記で説明します。

 

Python 職業とは

•webエンジニア

→webアプリケーションの開発やwebさいとの設計•保守などを行います。

•データサイエンティスト

→ビッグデータを活用して、大量のデータを分析し、マーケティング等に活かす人材の事です。

Pythonエンジニアは、需要も高いことから平均年収が他の言語と比べて高くなっています。

学びやすいという観点からも挑戦する価値は十分にあると考えられますね。

 

 

PHP

phpとはweb開発でよく利用されている言語であり、サーバーサイドでコードを実行します。

先程述べたJavaScriptとの違いとしては、

JavaScriptはブラウザ上で動き、PHPはサーバー側で動くプログラミング言語と覚えてください。

では、具体的にどのようなことが出来るのか?まず、PHPはCMSサイトを作成する事が出来ます。

CMSサイトとはソースコードを編集せずに管理者が管理画面から

自由にサイトを編集できるサイトの事です。Word Pressなどもそれに該当しますね。

よくあるブログサイトだと思って頂ければ大丈夫です。

では、PHPを習得する事でどのような職業に就くことが出来るのか?

なんとなくお察しかと思いますが、簡単に説明致します。

 

PHP 職業とは

•サーバーサイドエンジニア

→サーバー側の処理で行う際に必要な処理をプログラムしたり、

データを管理する人材の事です。

PHPは就職だけではなく、個人として働きやすいと言われています。

詳細については後日に掲載致します。

 


 

このようにプログラミング言語を学ぶと言っても、

なりたい職業によって、習得すべきプログラミング言語は変わっていきます。

まずは自分がやりたい職業を明確にすることがとても重要なんですね。

その上で習得すべきプログラミング言語を決めていきましょう!

しかし、人によってはどんな職業をやりたいのかもまだ決まってない人は多いですよね。

私も実際に仕事をするまでは、イメージでしかどの職業が自分にあっているか決める事が出来ませんでした。

そのため、幅広くプログラミング言語を学んだ上で職業を決めて行くことの重要性を感じました。

 

重要と思った理由としては、自分がその業種に向いてないとなった場合でも

対応する事ができるようにする為です。

では、どうしたら幅広くプログラミング言語を学ぶことができ、

なおかつ就職した後も活かせるスキルを身に付けることができるのか?

その方法について模索していました。

最初は書籍を買って勉強したり、ネットでプログラミングの練習を行っていました。

しかし、0から勉強した場合、独学では限界があり、

仕事に活かせられるスキルを付けられたかというとなんとも言えない状況でしたね。

そのため、自身には実践的なスキルやノウハウが明らかに足りないと思い、

プログラミングスクールに通い、スキルを身に付けようという考えに至りました。

その際に出会ったプログラミングスクールについて下記で説明させて下さい。

 

スクールでプログラミングを学ぶ

「短期間で効率よく学ぶことが出来る」

スクール側がその人に合わせたカリキュラムとスケジュールを組み

プログラミングのプロが指導をしてくれます。

そのため、分からないこともすぐに聞くことが出来ます。

スキルを身に付けるうってつけの場と言えます。

そして、もう1つのメリットが

「モチベーションの維持ができる」

モチベーションの維持については、スクールの場合だと維持しやすいんですね。

理由としては、同じ目標を持った仲間が周りにいる為、

励まし合い、切磋琢磨する事が出来るんですね。

覚える事が多く挫折しやすいプログラミングの習得に関して、

モチベーションの維持はとても重要であり、初心者の方がぶつかる壁でもあります。

そのため、スクールは初心者の方が継続して学習できる環境があると言えます。

逆にデメリットとしてはっ子の2つが挙げられます。

「お金が掛かる。」

「時間が取られる。」

これも歴としたデメリットですので上記の2つについても考慮した上で、

受講するかを選択してみてください。

 

パソコンさえあればどこでも学ぶ事ができるオンラインプログラミングスクール!

CodeCamp

このスクールではweb系プログラミングからデザイン系、アプリ系など

様々な言語を学ぶ事ができます。幅広い言語を学ぶ事ができ、

現役のエンジニアから学ぶ事が出来るため、

実践的なスキルや講師個人個人のノウハウも学ぶ事が出来ます。

そのため、自身が就職した後でも活かす事ができる実力を身に付ける事が出来るんですね。

無料カウンセリングも行なっていることから、

そのスクールが自分に合っているのかを評価した後に入校する事ができます。

私も無料カウンセリングを実際に受けました。

詳細については以下のリンク先に書いてありますので、ご覧下さい。

詳しくはこちら!

 

就職活動まで、サポート豊富なプログラミングスクール!

WEBCAMP PRO

こちらのプログラミングスクールは渋谷にスクールを構えているため、

渋谷に通う事ができる方向けのスクールとなります。

対面授業を受ける事ができるため、その場で分からないことを質問する事ができ、

すぐに疑問点等を払拭できます。

また、授業以外でも講師の方が在駐しているため、上記同様に疑問点をすぐに払拭出来ます。

実践的なスキルを持っている講師のため、自身が就職後に活かせるスキルも学ぶ事が出来ます。

こちらのスクールも無料カウンセリングを行なっているため、

渋谷に通う事ができる方は、一度無料カウンセリングを受けて、スクールを評価してみて下さい。

詳しくはこちら!

 

最後に

今回は複数のプログラミング言語について説明させて頂きました。

言語によって出来ることが変わるため、自分がなりたい職業に就くためには

どの言語を学べば良いかを明確にしていきましょう。

そして、学び方もとても重要であり、

スクールに通う事で短期間で複数のプログラミング言語を学ぶ事ができます。

また、多くの現役エンジニアの方々も働いていることから、

実践を踏まえた知識も習得する事が出来ます。

 

現在では、多くのスクールがある事から、悩む方も多いかと思います。

今回は私がオススメしている2つのスクールについて紹介させて頂きました。

まずは、無料カウンセリングを受けて、自分に合ったスクールを見つけてみて下さい。

そして、その時に少しでも私の記事が参考になればと思います。

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です