現在の日本では、就職した会社に対しての不満があることから、

多くの方が転職を考えています。

そして、その不満の殆どが給料と人間関係です。

では、その不満を解消するためにはどうしたら良いのか??

 

答えは、転職をするか独立するしかないんですね。

 

給料の高い会社に転職をする。

独立して人間関係の煩わしさを無くす。などなど…

 

しかし、言葉にする事は出来るが、簡単に出来ることではないですよね。

そのため、2つの不安のどちらか、もしくは両方を解消する事ができる

可能性のあるIT業界への挑戦をテーマに今回は説明させて頂きます。

 

IT業界への転職!

 

そうは言っても、転職したことないし

文系大学出身だからプログラミングの事も分からないし、どうしたらいいの?

では、まず企業はどのような人材を求めているのか?

年代別として、転職願望が最も高い20代前半の方にフォーカスをあて、

今後どうするべきなのか?について紹介させて頂きます。

 

目次
【年齢別】どれだけの方が転職を考えているのか

【年齢別】転職の成功率

転職に有利になるためには?

プログラミングの学び方
  全国どこでも学べるプログラミングスクール!
  実践経験豊富な元エンジニアが教えてくれる対面プログラミングスクール!

最後に

 

どれだけの方が転職を考えているのか

(ITのみではありません)

 

まず、全国ではどれだけの方が転職を考えているんですかね?

この調査を実際に行った企業(DODA)があります。そのデータをもとに解説していきます。

出典:【DODA】初めて転職を考えるのは何歳?転職希望者の年齢調査

 

DODAの調査によると平成25年のデータでは、

最も割合の高い24~26歳は、大卒であれば社会人2~4年目の時期です。

そのため、第二新卒とも言われています。

では、なぜ新卒社員が転職を考える割合が高いのか?

先ほども少し話しましたが、

 

入社した会社の環境が想像と違った。

給料が低い。

やりたい仕事が出来なかった。

人間関係への不満。

 

などなど、色々なギャップを感じることによる要因があります。

 

しかし、この年代は経験自体が浅いため、今までの経験等はあまり採用に関係なく、

将来性を基準として採用している会社が一部います。

そのため、未経験の業種や職種でも転職できる可能性があるんですね。

この事から、自身の将来性について分析を行い、

企業にアピールできると成功率は上がるかと思います。

しかし、他の業界に転職できる可能性があるとはいえ、

上記で説明したように第二新卒世代は経験が浅い為、

転職の成功率が高いとはいえ、間違いなく受かる確証はありません。

では、転職の成功率をより上げるためにはどうしたら良いのか?

下記で説明致します。

 

 

【年齢別】転職の成功率

転職した場合、どれだけの成功率があるのか?

とても気になりますよね。年代別に説明します。

DODAが平成26年に調査した結果によると

 

25~29歳  37.8%

30~34歳  28.7%

35~39歳  14.8%

40歳以上   12.2%

24歳以下   6.6%

 

出典:【DODA】転職年齢はなぜ上昇し続けるのか? 転職成功者の年齢調査(2014年下半期)

 

新卒第二世代である24歳から下は25.26歳と比べると

成功率が非常に低くなっています。

理由としては、24歳は大学を卒業して1年目という方が多い為

他の年代と比べて、まずまず絶対値が低いということです。

そのため、一概に転職出来ないとは思わないで下さいね。

 

逆に25.26歳の転職理由としては

数年働いたけど、人間関係が上手くいっていない。将来性が感じられない。

そう思われている方が多く、転職した方が多いのではないでしょうか。

そして、成功率が高い理由としては第二新卒世代である事から、未経験な業界や職種についてもチャンスがあるため、このような結果となったんですね。

 

しかし、大前提として、企業は良い人材を求めて中途採用を行なっています。

良い人材とは何かというと、即戦力になる人材の事です。

そのため、即戦力になるスキルがあればより転職の成功率を上げることが出来るんですね。

では、何をしたら良いのか?

改めてIT業界に着目して、説明致します。

 

 

転職に有利になるためには?

ここまでが、転職の成功率を年代別に説明させて頂きました。

そこでわかった事が、やはり第2新卒世代の成功率の高さです。

そこで、より確実に行きたい企業に行くためには、

企業に好印象を与えるためにはどうしたら良いのか?

それは、IT業界だからこそ活かせるスキルを付けることです。

要するに経験値のある30代が習得している

知識スキルの一部でも身につければ良いのです。

 

 

では、そのスキルとは何か?

いくつもありますが、、、今回は、IT業界と言うことなので、

イメージのつきやすいプログラミングにフォーカスを当てます。

プログラミングは現在、スクールでも学ぶことができる身近なものとなっています。

 

プログラミングについての知識をつけることで

少しでも即戦力になれるとアピールする必要があるんですね。

いくら伸び代があった所で、プログラミングやマーケティング力など、

既にスキルのある方と比較した時、企業は必ず即戦力になる人材を選びます。

 

そのため、IT業界への転職を考えている方で、

「◯◯には自信がある!」

と1つでも自信が持て、アピールできるスキルを磨いて下さい。

では、プログラミングに関してどのように学べば良いのか??

 

 

プログラミング言語を学ぶためには

プログラミングを学ぶ方法として、大項目として分ける場合

「個人で学ぶ」「スクールで学ぶ」

この2つに分けることができます。

しかし、初めて学習する中で、最も重要なことはモチベーションを維持することです。

そのため、今回はスクールで学習することに特化して説明をさせていただきます。

最後には私がお勧めしているスクールを2つ紹介させていただきますので、是非ご覧ください。

 

スクールでプログラミングを学ぶ

「短期間で効率よく学ぶことが出来る」

スクール側がその人に合わせたカリキュラムとスケジュールを組み

プログラミングのプロが指導をしてくれます。

そのため、分からないこともすぐに聞くことが出来ます。

スキルを身に付けるうってつけの場と言えます。

そして、もう1つのメリットが

「モチベーションの維持ができる」

モチベーションの維持については、スクールの場合だと維持しやすいんですね。

理由としては、同じ目標を持った仲間が周りにいる為、

励まし合い、切磋琢磨する事が出来るんですね。

覚える事が多く挫折しやすいプログラミングの習得に関して、

モチベーションの維持はとても重要であり、初心者の方がぶつかる壁でもあります。

そのため、スクールは初心者の方が継続して学習できる環境があると言えます。

逆にデメリットとしてはっ子の2つが挙げられます。

「お金が掛かる。」

「時間が取られる。」

これも歴としたデメリットですので上記の2つについても考慮した上で、

受講するかを選択してみてください。

 

パソコンさえあればどこでも学ぶ事ができるオンラインプログラミングスクール!

CodeCamp

このスクールではweb系プログラミングからデザイン系、アプリ系など

様々な言語を学ぶ事ができます。幅広い言語を学ぶ事ができ、

現役のエンジニアから学ぶ事が出来るため、

実践的なスキルや講師個人個人のノウハウも学ぶ事が出来ます。

そのため、自身が就職した後でも活かす事ができる実力を身に付ける事が出来るんですね。

無料カウンセリングも行なっていることから、

そのスクールが自分に合っているのかを評価した後に入校する事ができます。

私も無料カウンセリングを実際に受けました。

詳細については以下のリンク先に書いてありますので、ご覧下さい。

詳しくはこちら!

 

就職活動まで、サポート豊富なプログラミングスクール!

WEBCAMP PRO

こちらのプログラミングスクールは渋谷にスクールを構えているため、

渋谷に通う事ができる方向けのスクールとなります。

対面授業を受ける事ができるため、その場で分からないことを質問する事ができ、

すぐに疑問点等を払拭できます。

また、授業以外でも講師の方が在駐しているため、上記同様に疑問点をすぐに払拭出来ます。

実践的なスキルを持っている講師のため、自身が就職後に活かせるスキルも学ぶ事が出来ます。

こちらのスクールも無料カウンセリングを行なっているため、

渋谷に通う事ができる方は、一度無料カウンセリングを受けて、スクールを評価してみて下さい。

詳しくはこちら!

 

 

最後に

今回は20代前半の転職に関する事、

そして、転職までに準備することについて紹介させて頂きました。

 

転職とは、人生のチャンスではありますが、とても大きなリスクを背負う可能性もあります。

それを理解した上で、いかに成功率を上げたうえで挑めるかがポイントとなります。

そして、転職は若い人にとって有利でもあるという事を忘れないで下さい。

少しでも早めの転職をオススメします。

また、プログラミングをスクールに通って学ぶ場合、

現在では各人のライフスタイルに合わせて学ぶことができるスクールが沢山あります!

 

ただ、選択肢が豊富なことから、悩んで結局決められない!

そうならない為に今回は私のオススメのスクールのみを紹介しています。

より良いワークスタイルを築く為にも是非、挑戦してみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

Categories:

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です